HOME > 整体師吉田のブログ > アーカイブ > DRT整体

整体師吉田のブログ DRT整体

幸せの「脳汁」

いつもありがとうございます。

鈴鹿市の整体院らくらく家の吉田です。

最近知りましたが、今ネットでは脳内ホルモンのことを「脳汁」とよんでいるそうです。

脳内ホルモンとは五感を通して「喜怒哀楽」を感じた時に脳から分泌される神経伝達物質です。

長時間走り続けた時など苦痛を我慢した後に「快感」を感じるランナーズハイとして知られているβ‐エンドルフィン「脳内麻薬」が有名ですが今回は「オキシトシン」というホルモンです。

オキシトシンは「幸せホルモン」「癒しホルモン」「絆ホルモン」「恋愛ホルモン」「信頼ホルモン」「思いやりホルモン」といわれ、その効果はいっぱいあって

幸せな気分になる

脳・心が癒され、ストレスが緩和する

不安や恐怖心が減少する

他者への信頼の気持ちが増す

社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる

親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる

学習意欲と記憶力向上

心臓の機能を上げる

感染症予防につながる

など健康にもいいこといっぱいです!

さらに痛みや血圧、認知症にも効果があるとまでいわれています!

これをどうやって出すのかというと、一番は家族やパートナー、またはペットなどとのスキンシップです!

s-baby088.jpg

奥様と、ご主人と、ご両親、おじいちゃんおばあちゃんと触れ合っていますか?

お子様とハグしてますか?

手をつないだり、背中をなでるだけでもいいんですよ~

一人暮らしの方ですと友達と食事、おしゃべり、カラオケ、プレゼントを贈ったりしてもオキシトシンは出ます。

あとは感動したり感謝の気持ちを持つことでも出るようですよ。

もちろんDRT整体を受けて「気持ちいい~」と感じてもらうとドバドバ~っと出ますよ~

これは出さないと損ですね~

「オキシトシン」で幸せな気持ちで満たされてください!

DRT整体で血流アップ!

じめ~っとしていやな感じですね。


昨日は久しぶりに献血がしたかったのでベルシティに行ってきました。

献血されたことありますか?

僕はまだ献血センターや献血ルームに出向いてまでは出来てませんが、3年前ぐらい前からベルシティに行ったときに献血をしていて時間があればなるべくするようにしてます。

体調に問題なければされてみてはいかがでしょうか?

理由としては
★もしかするとどなたかの命のお役にたてるかもしれない

★病院に行かなくても血液検査ができる

★血液を抜くことで新陳代謝が良くなり、新しい血液もつくられる

といいこともあると思いますよ。

ちなみに前回は去年10月に東京研修の翌日、DRTの創始者上原先生の施術を受けた後に都庁を見学しに行ったときに都庁の献血ルームでしました。

そのときも400mlとったのですが、あまりにも短時間でとれたので看護師さんにすごく驚かれました!

施術を受けた1時間後でしたので血流がめっちゃ良くなってたんでしょうね!

その後都庁の展望台へ
IMG_1499.jpg

外国の方ばかりでした!

DRTで血流あげて要らないものを流しましょう!

1

メインページ | アーカイブ | ブログ »

このページのトップへ