HOME > 整体師吉田のブログ > アーカイブ > 2017年5月

整体師吉田のブログ 2017年5月

身体のブレーカーが落ちたままになってませんか?

いつもありがとうございます。

鈴鹿市の白子のとてもやさしい背骨の調整で

自己回復力を取り戻すDRT整体の

らくらく家です。


僕の実家はよくブレーカーが落ちます。

特に冬場、ホットカーペット、ファンヒーター、

ホットプレートを使いながら電子レンジを回し始めると・・・

電気の使い過ぎで契約アンペアを超えると

ブレーカーが落ち真っ暗になってしまいます。

これは身体のシステムとよく似ていますね。

疲れ、ストレス、身体のゆがみが蓄積され

容量を超えるとブレーカーが落ちたようになってしまいます。

電気の場合はすぐに気付きますが

身体の場合気付いている方は少ないように思います。


すると 電気が流れなくなると 冷凍庫のアイスが溶け出し、

生ものの鮮度が落ちていくように

脳と身体の情報のやり取りが うまくいかなくなると

自律神経のバランスが取れなくなり

内臓機能も低下するのでリンパ血液の流れも悪くなってしまいます。

当然首、肩、腰の筋肉も硬くなりますし

疲れも取れにくくなります。


そこで薬を飲んだり、シップを貼ったり、マッサージをしても

アイスをクーラーボックスに移しただけなので

一時的にはしのぐことができますが いずれは溶けてしまいますよね~


らくらく家の施術DRTは やさしい背骨の調整で

背骨の真ん中を通る脳脊髄液の 流れを促進させるため

落ちたブレーカーを上げることができるんですね!

電気が流れるように

リンパ、血液、神経も流れを取り戻すかんじです。


落ちてからの期間が長く

アイスクリームが液体になってしまった状態ですと

少し時間はかかりますが アイスはまた必ず固まります!


そのあとは予防が大事です。

電子レンジを使うときは ホットカーペットを消すのと同じですよ~wink

1

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »

このページのトップへ