HOME > 整体師吉田のブログ > アーカイブ > 腰痛

整体師吉田のブログ 腰痛

自分のためになるDRT整体

今朝は水たまりに氷張ってましたね~


本日は当院の治療方針についてのお話です。


例えばあなたが学生で追試を受けることになったとします。

そこへ解答を全部知っている友人が現れました。

あなたは「答え」を教えてもらいますか?

それとも「自力」でがんばりますか?


「答え」を教えてもらえば当然その追試は合格するでしょう。

でもこの先同じ問題が出てきたらやっぱり間違えると思います。

実力が変わっていないからです。



肩コリ腰痛も同じです。

もんだり、シップを貼ったり、痛み止めを飲めばその時は楽になるでしょう。

でも原因が変わってなければまた痛くなってきます。

DRT整体はただ「答え」を教えるのではなく「自力」で合格できるように「実力」をつける事が目的です。


あなたは

とりあえず楽になりたいですか? 

それとも

自力で治せる身体になりたいですか?

yjimageUVQEJ9XF.jpg

重いけど大事な頭を支えるために

いつもありがとうございます!

鈴鹿市のとてもソフトで痛くない背骨の調整で

崩れた身体のバランスを元に戻すDRT整体の

らくらく家の吉田です。


注文してから約1カ月

やっと届きました!

5kgのおもり 配達員さんすんませんでしたbleah
IMG_0946 (481x640).jpg

これはほぼ頭の重さと同じです。

持ってみるとわかりますが 思ったよりも重い!

あなたもこれをてっぺんに乗せて
寝ている時以外は常に 身体全体が協力して
落とさないように支えているわけです。

で、重心が骨盤の中心から少しでも外れると、
より負担が大きくなりますよね

そして背骨に釣りざおのような
柔軟性(しなり)がなければ
負担する部分が1か所に集中されますし
筋肉にも大きな負担となります。

その筋肉が首だったり
肩、背中であったり
腰だったりするので
コリ痛みとなるわけです。


その他にも脳からの神経伝達が
スムーズに行われるためにも
背骨のしなやかさ
は とても重要です。

当院の
超ソフトな背骨の調整
で しなやかな背骨を 取り戻してください!     

背骨と肩こりの関係

いつもありがとうございます。

鈴鹿市のとてもソフトで痛くない背骨の調整で

揉まずにほぐれるDRT整体の

らくらく家です。


骨盤は家で例えると基礎

背骨は大黒柱です

762b474f392172ea0b84d1441828dfd4-640x434.jpg

基礎が傾くと大黒柱に負担がかかりますよね

大黒柱の背骨の中には
神経がいっぱい通ってますので
少し流れが悪くなると
当然身体にも悪い影響が出てしまいます。


その結果
これ以上傾いたり
歪んだりしないように
首や肩 腰の筋肉を硬くして
つっかえ棒の役割をして
補強しているわけです。


だから 骨盤 背骨 首のゆがみ

を整える必要があるんです!


らくらく家の整体は

背骨にやさしい刺激で

ゆがみとつまりを整えます。

シップで肩こりはましになる?

今年も高速で半分走り去っていきました。

さて今日はシップ(消炎鎮痛剤)についてのおはなしです。

痛みがひどく無くてもコリや疲れをとる為にシップを張ったり、塗ったりされてませんか?

消炎鎮痛剤の目的は字の通り「炎症」と「痛み」を抑えることであってコリや疲れをとることではありません。

自然治癒力が筋肉のコリや疲れをとる際、血管を広げ、血流を上げ組織を修復するのですが、

その過程で「炎症」と「痛み」が起きてしまいます。

「炎症」や「痛み」は悪者扱いされがちですが、身体が頑張って修復しようとしている証拠でもあるのです。

シップを貼ると皮膚を通して薬剤が血管に入り、修復とは逆に血管を閉じ、血流を下げることで痛みを抑えます。

もちろん捻挫や打撲、急性の強い痛みを抑えるために短期間で使うのはアリですが、長期間にわたり毎日シップを張っているとかえって治りが遅くなってしまいますし全身の血流の低下や冷えの原因にもなりかねませんのでご注意くださいね。

ちなみに冷シップも温シップも皮膚の表面が感じる違いだけで成分や効果は同じでーす


コリや疲れでシップを張りたくなったら
らくらく家へ(*・∀・)ノ彡

1

« 背中の痛み | メインページ | アーカイブ | 身体のゆがみ »

このページのトップへ